読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moiのブログ 日々のカフェ season3

東京・吉祥寺の北欧カフェ「moi」の店主によるブログです。基本情報は【about】をご覧ください。

イベント《カレワラの夕べ》レポート

フィンランドの国民的叙事詩「カレワラ」にちなんだイベント、《カレワラの夕べ》を開催しました。まずは、ご来場いただきました皆様どうもありがとうございました。 コクミンテキジョジシというとなんだかむずかしく聞こえますが、フィンランドの人びとのあ…

雑誌「saita」2016年4月号

new

発売中の雑誌「saita」4月号、16Pとじこみ付録「『日本のおしゃれカフェ』発信地 吉祥寺のカフェを、中林美和さんと散策しました♡」にてご紹介いただいております。 書店等でみかけられましたら、ぜひお手にとってご覧ください。

カレワラの夕べ

3月6日(日)午後6時30分より、『カレワラの夕べ』というこじんまりとしたイベントがおこなわれます。まだ若干名の参加が可能とのことですので、こちらでもご案内させていただきます。 カレワラの夕べ フィンランド各地で語り継がれてきた物語を医師であった…

私立探偵は「いつもの」と注文することで自身の選択の自由を担保する

◆ついに、いきつけの肉屋でひとことも発することなく品物が出てくるまでになってしまった。「楽でいいか」と思う反面、「いつもの」くらいは言わせてくれ、そんな気もしないではない。「いつもの」とはつまり、たくさんの「いつものじゃないヤツ」の中から選…

椿事

◆鉛色の空に冷たい北風。そんな塩梅なので、当然のごとくお客様の少ない1日でした。それにしたって、オーダーの入ったドリンクがすべて「あたたかいコーヒー」、コーヒー100%というのは13年超の営業で初めてのこと。もっとお客様の少ないときもあったとい…

サーモンの北欧風タルタルサンドについて

new

残念なお知らせです。 先ほど取引先のパン屋さんより、サーモンの北欧風タルタルサンド(現在水曜日、木曜日のみ提供中)に使用しているパンの製造中止についての連絡がありました。時期については4月中とのことでしたが、まだはっきりしないとのことです。 …

デジタルゾンビ

パンケーキを焼いていて、写真をInstagramにあげようと色々いじっていたら見事に焦がした。 歩きスマホで地下道を歩いていて、出口だと思って右折したところ出口ではなくその先の女子トイレに入ってしまった。 大人げない。これでは、スマホに乗っ取られたデ…

【前面展望】

きょうは、巷で話題のいま最高にクールな動画を紹介するぜ!(アメリカの健康器具のCM風)。それは、 前面展望 です!!! いきなり「前面展望」と言われても、おそらくたいがいのひとはピンとこないでしょう。かく言うぼくも、数週間前まではそうでした。 …

2月14日は「友達の日」です

きょう2月14日は「ヴァレンタインデー」ですね。 この日不二家のハートチョコレートを貰えるか否かが、昭和の小中学生男子には人生を左右するほどの一大事でありました。そう、「不二家ハートチョコレート」は当時の少年にとってはゴディバの数百倍も価値の…

「Hemisphere」04号

new

徳島アアルトコーヒーの庄野さんが発行するZINE「Hemisphere」の第4号が出ました。特集は「town」。庄野さんの人柄を反映して、今回も多彩な執筆陣が参加しています。ぼくもまた、前号に引き続き文章を書かせていただきました。 執筆陣は次のとおり キッチン…

原田マハ『ジヴェルニーの食卓』

歴史に名を残す画家たちの〝最後の日々〟を、身近で接した女性たちの眼をとおして描き読後に静かな余韻を残す短編集。 登場するのはマティス、ドガ、セザンヌ、そしてモネの4人。たとえば、マティスをとりあげた『うつくしい墓』は、老いてなお枯れることを…

【寄席おぼえがき】2/9鈴本演芸場2月上席夜の部

菊志ん師匠には寄席が似合う。 浅めの出番で高座に上がり、それまで重たかった客席の空気をガラッと変えて下がってゆく、そんな場面に幾度か出くわした。〝仕事人〟という呼び名がぴったりの噺家。 じつはなにをかくそう、師匠がトリを務める日に寄席を訪ね…