moiのブログ 日々のカフェ season3

東京・吉祥寺の北欧カフェ「moi」の店主によるブログです。基本情報は【about】をご覧ください。

当店について

*この記事は常時トップに表示されています

◆モイ  cafe moi  

f:id:moicafe:20160210142613j:plain

 

営業時間・場所

◆東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3グリーニイ吉祥寺1F  【 Google マップ

 JR・京王「吉祥寺駅」より徒歩7分

◆平 日  11時30分〜19時(18時30分L.O.)

 土日祝  12時        〜19時(18時30分L.O.)

◆火曜定休

  

 

サービス

◆ランチタイムサービス 毎日 開店時間〜14時

フィンランドシナモンロールのテイクアウト 毎週木・土曜日

◆お誕生月サービス

お誕生日の月にあたるお客様は、当該月中なんどでもカフェでのご飲食代が10%OFFになります(ご本人様に限る)。会計時に、お誕生日のわかるものをご提示ください。

 

SNS

Facebookページ 

https://www.facebook.com/moicafe/

Twitter

moicafe (@moikahvila) | Twitter

Instagram

Yosuke Iwama (@moikahvila) • Instagram photos and videos

 最新情報はTwitterでご確認いただけます。ツイッターのユーザーの方はフォローお願い致します。

f:id:moicafe:20160210141816j:plain

お席のご予約について

◎お席のご予約が可能となりました。

 

これまで、小さな店舗のため予約用の座席の確保が難しくお席のご予約は受けておりませんでしたが、少なからずご要望の声をいただきましたので下記の条件に合う場合にかぎりお席のご予約を承らせていただきます。

 

予約可能時間:平日11時30分、土日祝12時(火曜休)のみ

予約方法:お電話もしくはメールにてご予約ください

 

・電話:0422-20-7133(火曜を除く11:30-18:30)

・メール:cafemoimoi★ybb.ne,jp ★を@に変換の上送信してください

 

→日にち、人数、お名前、ご連絡先お電話番号をご連絡ください。

 

注意)

◎ご予約のお客様のご利用時間は最大90分と制限させていただきます。

◎当日なんのご連絡もなく15分以上遅れた場合、自動的にキャンセルさせていただきます。

 

以上よろしくお願いいたします。

13.08.2018

f:id:moicafe:20180814150833j:plain

 相変わらず人通りは少ないが、きょうはとりわけ常連さんがたくさん来てくださった。さらに、昔はたらいていたスタッフもふたり。ひとりは、先月行ったスウェーデンのおみやげを届けにきてくれた。もっとも印象に残ったスポットは、スカンセンやローゼンダールのあるユールゴーデン島とのこと。おみやげにストックホルムのカフェ「DROP」のコーヒー豆。もうひとりは、去年まで手伝ってくれていたスタッフがうれしい報告をしに。みつ豆ももらった。べつにそういうしきたりがあるわけじゃないが、なぜか歴代のスタッフはみな甘いおやつを差し入れてくれるのだ。

 午後2時すぎくらいから急に空模様があやしくなってきたと思ったら、滝のような雨、そして風。次第に雷も激しくなり、近いところにドカドカ落ちはじめる。これはヤバいと思うまもなく停電。5分ちょっとのことだったと思うけれど、ちょうど注文の品をこしらえている最中だったのでまいった。じつは数年前のおなじころ、雷の直撃でブレーカーを壊され交換に数万円とられるという悪夢のような出来事があって以来、カミナリはトラウマである。7月の「四万六千日(しまんろくせんにち)」には浅草寺護国寺で雷除けのお守りが配られるが、毎年もらいに行こうかと本気で悩むほど。ちなみに、「四万六千日」といえば落語の「船徳」である。この時期の寄席でよくかかる。けっきょく、とくに電気製品がやられた様子もなくホッとしたが肝を冷やした。

 とはいえ、「一人あたりのキャンドル消費量世界一」を誇る国を愛するカフェゆえ、こういうときの備えは万全である。じっさいには、各テーブルに置こうとしたとたん電気が復帰してしまったのだけれど、せっかくなのでそのままキャンドルサービスでお・も・て・な・し。(画像は当店で常備しているキャンドルホルダーの一部。イーッタラの製品に囲まれて、放射状の光を放っているのは当店のカップ&ソーサーセットをデザインしてくださった梅田弘樹さんの作品「LUMI(雪)」)

12.08.2018

f:id:moicafe:20180813212759j:plain

 「陸の孤島」からコンニチハ。お盆休みに淡い期待をよせていた自分がバカでした。人いねーじゃねーか!! そして賢明なるご近所さんはといえば、なんてことでしょう、みんなお休みやん!! 

 傷心のまま、夕刻おもてに出て写真を撮ってみたところ、なんか変に雰囲気のある絵が撮れてしまいました。いやいや、そうじゃなくて、伝えたいのは「危機感」とか「切迫感」なんですけどね。とはいえ、たしかにこのオレンジ色の灯はなかなか悪くない。エットーレ・スコラ監督に『BARに灯ともる頃』という作品があるが、その映画にちょうどこんな「オレンジ色の灯」が印象的な港町のバーが出てくるのだ。

 『BARに灯ともる頃』は、イタリアの港町を舞台に、毎度おなじみマストロヤンニ扮する親馬鹿なパパと、離れて暮らす思春期の息子との心の機微を描いた激甘なホームドラマである。こういう、いかにもイタリアって感じの「家族愛」を描かせたらスコラ監督の右に出る者はいないのではないか。

 そのドラマのなかに登場する「オレンジ色の灯」のバーは息子の行きつけの店で、常連客とはみな顔見知り、店の主人からは息子のように可愛がられ、ときには店の手伝いをしたりもする。そして、この店で、自分には見せたことのない生き生きとした息子の表情に接したパパ・マストロヤンニは、これまでの「愛情の押し売り」を反省し「子離れ」を誓いバーの扉をそっと閉めるのだった。最後に観たのがもうかれこれ十数年も前なのであやしいところもあるが、夜の港町にそこだけポッと光る「オレンジ色の灯」のバーの役どころはだいたいそんなところだったように思う。

 暗く寂しい街の片隅にぽつねんと佇みほんのりオレンジ色の灯をともす店こそは、それゆえ、すべての人をやさしく包み込み、それぞれの人生にそっと寄り添う「理想の店」の姿でもある。ひとの気配の消えたお盆休みの街はずれ、偶然写された「オレンジ色の灯」にふと忘れかけていた「理想」を思い出す。

10.08.2018-11.08.2018

f:id:moicafe:20180812114545j:plain

◎10.08.2018

 お客様から聞いた話。そのお客様がはたらいているオフィスはなかなか国際的で、同僚にはポルトガル人やインド人がいたり、みな世界各地を飛び回って仕事していたりするらしいのだが、そうした同僚たちが口を揃えて「いまの東京のほうが暑い」と言うのだそうだ。

    そんななか、唯一サウジアラビアから帰国したばかりのひとだけは東京のほうがマシと言ったらしい。がぜんサウジアラビアに行ってみたくなるよね。辛いのが好きなひとが、より辛いものを欲する心理か。いよいよ病んできた。

 そろそろ、きょうあたりからお盆休みに突入したひとが多そうだ。というわけで、ここで当店の「お盆休みのお知らせ」です。

ーー  ないです。(来てね)

 お盆休みが関係あるのかないのか知らないが、お客様の動きがまったく読めない1日。開店早々、一気にご来店いただきバタついたかと思えば、その後はパッタリ止まるといった具合。おかげで、わざわざ2時間かけてクルマでお越しいただいた「フィンランド」と「ウマ」というナゾの共通項を持つひさびさのお客様とゆっくりお話しすることができたけれど。

 さて、閉店時間を延長した「ナツモイ」も本日で無事終了。期間中、途中下車して、また遠回りして、あるいはわざわざ反対方向の電車にのってご来店いただいたみなさま、どうもありがとうございました!! ラストは、いつもぼくの「細かすぎて伝わらない」ネタの聞き役になってくださるAさんから貴重なサジェスションをいただく。楽しすぎた。

 

◎11.08.2018

    仕込みを手伝ってくれているスタッフも休暇から戻り、本日よりメニューも通常モードに。

    ところで、「外郎(ういろう)」といえば名古屋というイメージがあるのだが、郷里の山口の「外郎」も美味しいのでぜひ食べてみて欲しいとスタッフがお土産に買ってきてくれた。なるほど、名古屋のそれとは食感がまるで違う。名古屋のにくらべるとよりツルッとしてなめらか。調べてみたら、原料がそれぞれ「米粉」と「わらび粉」で違うのだった。それで「わらび餅」のような食感だったのか。納得。

    朝から怪しげな空模様であったが、14時を回ったあたりから断続的に夕立ちに見舞われる。こんなお天気の前では、ちいさな店なんてひとたまりもないのであった。完全に降り止んでから少し客足が戻るも、万事休す。

09.08.2018

 朝、いつもの道でいつもの犬にいつものように吠えられる。平和。

 台風もことさらこの辺りではこれといった被害もなく無事通過していったのはよいが、どうやら猛暑はまたぶり返しそうだ。1ヶ月早く夏が来たのだから、秋も1ヶ月早く来たっていいんやでえ。

 きょうは、夜、常連さんを中心に駆け込みで何人かご来店くださりありがたいかぎり。おしゃべりしたいお客様が同時に複数いらっしゃるとき、以前の荻窪の店だったら無理やり話に巻き込んでしまうということができたのだが、いまのレイアウトだとそれがなかなかむずかしい。この人とこの人とを引き合せたらおもしろい、というのはつねに頭の中にあったりするのだけれど。

 帰り際、ひと回り以上年下の常連さんから「もう若くないんですから、無理しちゃダメですよ」と諭される。ハイ。

 それはそうと、なんの脈絡もないが不意に思いついたので書いておく。駅前の通称「ハーモニカ横丁」の一角に、おそらく戦後の闇市のころから続いていると思われる果物屋があるのだが、営んでいる初老のご夫婦のたたずまいが、まったくもって偉大なるサンビスタカルトーラとその妻ジカそのものなのである。ブラジル音楽好きはぜひ覗いてみてほしい。ちなみに「ジカ」は、たいてい店お奥の方に腰かけてプカプカ煙草をふかしている。

f:id:moicafe:20180810142732j:plain

 ところで、ほとんどのひとは知らないと思うのだが、きょう8月9日は「ムーミンの日」だった。作家・画家で、「ムーミン」の生みの親であるトーベ・ヤンソンの誕生日にちなんで、この日を「ムーミンの日」と定めたのだそうである。今年は、フィンランドのアラビア社から24時間限定で記念のムーミンマグカップが発売されるということで話題になっている。

f:id:moicafe:20180810175656g:plain

 トーベ・ヤンソンのほかにも、おなじ8月9日生まれには黒柳徹子藤岡みなみ、それに自作PCデコトラよろしく光らせてしまったフィロソフィーのダンスの「おとはす」こと十束おとはさんらがいる。なぜ「おとはす」だけ「さん」付けにしているのかわからないが。とにかく好きなことを突き詰めるタイプの、ちょっと個性的な女性ばかりである。余談だが、佐藤蛾次郎も8月9日生まれらしい。

 そういえば、きょうは、ふつうだったら絶対口にしないであろうようなお客様の口から「フィロソフィーのダンス」という単語が聞けたので、個人的にはもうそれだけで十分「仕事した」感がある。ただ、「あの、ほら『蜂の巣』みたいな名前の……」って、それ「フィロのス(フィロソフィーのダンスの略称)」なんですけどね。この際ちゃんと覚えて下さい。

 ところで、ぼくがなぜしょっちゅうフィロソフィーのダンスフィロソフィーのダンスつぶやいているかというと、人力によるサブリミナル効果を狙ってというのもあるが、それ以上に、彼女たちの歌がほんらい届くべきところに届かず終わってしまってはあまりにもったいない、そう思っているからである。

 思えば、ぼくが子供のころにはまだ「国民的ヒット」といえる音楽があった。小学生からお年寄りまで誰もが知っていて、なんなら歌えるくらいのポピュラーな曲。それらは、TVやラジオの歌番組から、お茶の間のステレオセットからひんぱんに流れ、また映画の挿入歌やCMのキャンペーンソングとしてさらに多くの人たちの元へと広がっていった。そしてそういった曲のなかには、男性アイドルの曲もあれば女性アイドルの曲もあり、ニューミュージックやフォークもあれば演歌もあった。ぼくと同世代の「昭和の子供」なら、きっと松田聖子の「赤いスイートピー」もサザンオールスターズの「愛しのエリー」も、それに石川さゆりの「津軽海峡冬景色」もみんなソラで歌えるのではないか。

 歌番組がほとんどテレビ欄から消え、お茶の間のステレオセットの代わりにイヤホンやヘッドフォンを通してひとりきりで音楽を楽しむことが当たり前となったいま、必然的に音楽のジャンルは細分化し、すすんで聴くジャンル以外の音楽にはすっかり無頓着になってしまった。ぼく自身、マニアックに、ちいさなサークルの中で楽しむような音楽の聴き方もキライではない。が、おなじくらい、ひとつの曲を世代を超えて共有するような音楽体験の楽しさもやはり捨てがたいと思うのだ。そして、フィロソフィーのダンスこそは、そうした聴かれ方をされてしかるべきグループだと思っている。なので、ふだんこういったジャンルは聴かないし、むしろちょっと苦手とすら思っているような人たちが多い場所ほどついつい大声で叫んでしまうのだ。

 とりあえずは、かつての人気番組「ザ・ベストテン」のセットを想像しつつ、頭の中で「今週のスポットライト!」と叫んでから以下の「昭和感」満載の動画をクリックしてみて下さい。


フィロソフィーのダンス/ ダンス・ファウンダー(リ・ボーカル&シングル・ミックス)

08.08.2018

 まずはお知らせから。営業時間を1時間繰り下げる【ナツモイ】ですが、10日(金)まで延長いたします。よって、営業時間は正午より20時(19時30分ラストオーダー)となりますので、ふだんなかなかお立ち寄りいただけないお客様もこの機会にぜひ。残り2日、お待ちしております!!!

 

    さて、台風13号が接近中とのこと。こういう災害の危険が近づいているとき、いかにすればすべてのひとに的確な注意喚起ができるだろうかとぼんやり考える。

    おそろしく気の長い男と、反対におそろしく気の短い男との滑稽なやりとりを描いた「長短」という落語があるが、たしかにこの世の中には「長短」の登場人物ほどではないにせよ、おなじ災害を前にしてもほとんど危機感を感じないのんびりしたひともいれば、すぐパニックに陥るようなひともいて的確な注意喚起の難しさを感じずにはいられない。

   このことに関していえば、つまるところ、余計なバイアスをかけずに淡々と正しい情報を伝えるほかないのではないか。それに対して、注意喚起のつもりなのかもしれないが、結果的に危機感を煽りすぎて「ピーターと狼」のようになっているのが最近のエンタメ化した天気予報の功罪だと思う。わかりやすいは、ときに雑であることとイコールなのだ。

 

 なお、朝、台風の影響が予想されるため9日(木)のシナモンロールのテイクアウトはお休みさせていただきます。ご了承下さい。