moiのブログ 日々のカフェ season3

東京・吉祥寺の北欧カフェ「moi」の店主によるブログです。基本情報は【about】をご覧ください。

当店について

*この記事は常時トップに表示されています

◆モイ  cafe moi  

f:id:moicafe:20160210142613j:plain

 

営業時間・場所

◆東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3グリーニイ吉祥寺1F  【 Google マップ

 JR・京王「吉祥寺駅」より徒歩7分

◆平 日  11時30分〜19時(18時30分L.O.)

 土日祝  12時        〜19時(18時30分L.O.)

◆火曜定休

  

 

サービス

◆ランチタイムサービス 毎日 開店時間〜14時

フィンランドシナモンロールのテイクアウト 毎週木・土曜日

◆お誕生月サービス

お誕生日の月にあたるお客様は、当該月中なんどでもカフェでのご飲食代が10%OFFになります(ご本人様に限る)。会計時に、お誕生日のわかるものをご提示ください。

 

SNS

Facebookページ 

https://www.facebook.com/moicafe/

Twitter

moicafe (@moikahvila) | Twitter

Instagram

Yosuke Iwama (@moikahvila) • Instagram photos and videos

 最新情報はTwitterでご確認いただけます。ツイッターのユーザーの方はフォローお願い致します。

f:id:moicafe:20160210141816j:plain

広告を非表示にする

絶賛カラ回り中…… ですが

f:id:moicafe:20170630151311j:image

6月の終わりというのは、みなさんお忙しいのでしょうか? こちらはすっかり絶賛やる気カラ回り中!! です。

そんななか、きのうは初代スタッフのひとりが遊びに来てくれました。彼女は10年前、オープン当初に半年弱くらい手伝ってくれたのですが、それにしてはずいぶん詳しくメニューや当時一緒たった仲間のこと、ちょっとした出来事など憶えていて話してくれる。感心して「記憶力いいね」と言うと、「楽しかったことだけは忘れないんですよ」との返事。

お世辞でもうれしい。こういう一言が、まずなによりも日々の糧になるのです。

 

韓国のお茶

f:id:moicafe:20170617092925j:image

なおみさんから韓国のおみやげを頂いた。

お茶だというが、なによりすてきなデザインのパッケージが目を引く。おみやげの愉しみとは、それを選んだひとのセンスに触れる愉しみでもある。このお茶にしても、いかにも洗練されたなおみさんらしいセンスに溢れている。

パッケージに描かれた宵闇に浮かぶ島のイラストから目を離し、文字を読もうとするのだがハングル文字が大半を占めていていっこうに判読できない。かろうじて英語の表記があったので読んでみると、<発酵させたJEJU TEAに甘い梨のフレーバーを加えた>とある。JEJU TEAってなんだろう? としばし首をかしげる。あ! チェジュ! 済州島のことかと納得。とすると、パッケージに描かれていた島もきっと済州島にちがいない。甘い香りのウーロン茶といった味わいは、街角でよく知っているひとが見慣れない装いで佇んでいるのを見たときのような不思議な印象をもたらす。

世界にはいろいろな言葉があり、景色があり、味がある。おみやげに頂いた一杯のお茶が、多様な世界を知ることの豊かさを教えてくれる。

広告を非表示にする

ひよ子

f:id:moicafe:20170606111344j:image

スタッフのひとりが、シフォンケーキに添えているずんぐりとしたかたちの鳥のクッキーをなんの迷いもなく「ひよこのクッキー」と言うのを聞き、さすがは福岡県出身‼︎ と妙に感心した。ぼくはずっと「あひる」かなにか水鳥と思っていたのだが……。

画像は、東京ひよ子限定の「塩ひよこ」。黄身餡じゃなくて粒餡なのが新鮮。ちなみに、東京には「ことり」というムンクの叫びみたいな相当ひどい「ひよ子」の<ジェネリック>があるのだが、それはそれである意味ちょっと捨て難い。

 

広告を非表示にする

挟み討ちとは卑怯な

f:id:moicafe:20170605220017j:image

晴れているのに誰も来ない……

おかしいなと思ったら挟み討ちされていた。おい、こら卑怯だぞ!

f:id:moicafe:20170605220540j:image

A・C・ジョビンの秘密の<中庭>へ

f:id:moicafe:20170601225723j:plain

 伊藤ゴローさんの新譜『アーキテクト・ジョビン』を来月5日の発売に先がけて聴かせてもらいました。

 

 「バラに降る雨」「ルイーザ」「インセンサテス」といったおなじみの曲をふくむ全編インストゥルメンタルによるアントニオ・カルロス・ジョビンのソングブックなのですが、いままでのジョビン集と明らかにちがうのはドビュッシーショパンなどクラシック音楽を偏愛し影響を受けた彼の横顔に光をあてていることにあります。ギターの村治佳織やチェロの遠藤真理といったクラシックの演奏家たちをフィーチャーした特別編成のアンサンブルによる演奏は、聴きなれたジョビンの曲の中にまだこんな<響き>が隠されていたのか! という新鮮な驚きと喜び、発見をもたらしてくれます。

 と、同時にその作業を通して<作曲家・伊藤ゴロー>の顔が見られるのもファンとしてはうれしいところ。作曲家としてのゴローさんには、アマゾンのそれとはちがうしっとりとした<湿り気>を感じます。思うにそれは、ゴローさんが生まれ育った<雪国>のそれなのではないかな。ブラジルの巨匠の作品を取り上げながらも、ゴローさんの手にかかると雪に閉ざされた無音の世界や雪解け水をあつめた春の渓流、むらさき色に霞んだ山々や色やかたちを刻々と変えてゆく夏の雲といった日本の景色が目に浮かんでくるのがなんとも不思議です。

 

 アントニオ・カルロス・ブラジレイロ・ヂ・アウメイダ・ジョビン。敬意と親しみを込めてトン・ジョビン。彼を一軒の<屋敷>にたとえるなら、そこには外からは見ることのできない実は秘密の<中庭>があって、その<中庭>にはジョビンが偏愛し大事に育ててきた可憐な花々が咲き乱れているのです。このアルバムを聴くとき、だからぼくらはゴローさんの手引きでそんな<中庭>に案内されているような気分になります。

 

いい眺めでした……

 

 思わずそんな感想をつぶやきたくなるこの『アーキテクト・ジョビン』。ボサノヴァ好きだけでなく、クラシック好き、いや五線紙の野に咲く花々を愛するすべての人たちにぜひ耳傾けてもらいたい作品です。

前途有望

f:id:moicafe:20170530194130j:image

週末、運動会の学校が多かったようで、月曜日は代休を使って吉祥寺まで遊びにきた小中学生の姿をたくさん見かけた。

お母さんと一緒に来店した小学生の女の子はいま<北欧ブーム>のまっただなかとのことで、終始ニコニコとランチタイムを過ごしてくれていた様子。小学生にしてすでに北欧好きとはなかなかの前途有望。

 

広告を非表示にする